Fhilia Hall
ニュー・イヤー特別コンサート

ニューイヤー・ガラ・コンチェルト2018

【日時】2018年1月13日(土)15:00開演       

新年は名曲とともに、フィリアホールで。

 

ニューイヤー2018(202x200).jpg

日本を代表するソリストと、N響メンバーによる室内オーケストラが贈る協奏曲の祝祭!

ピアノ◎田部京子 KYOKO TABE
チェロ◎宮田大 DAI MIYATA
ヴァイオリン◎毛利文香 FUMIKA MOHRI
管弦楽◎N響メンバーによる室内オーケストラ(コンサートマスター:山口裕之)



★名曲を聴いて乾杯しよう!★
休憩中ロビーにて、スパークリングワインの無料サービスがございます!

 

プログラム

ベートーヴェン:ヴァイオリンと管弦楽のためのロマンス第1番ト長調op.40/第2番ヘ長調op.50
L.v.Beethoven: Romance No.1 for Violin and Orchestra in G-Major, op.40 / No.2 in F-Major, op.50
ヴィヴァルディ:チェロ協奏曲 ニ長調op.3-9 / RV.230 (原曲:ヴァイオリン協奏曲)
A.Vivaldi: Concerto for Cello and Orchestra, op.3-9/RV.230
ブルッフ(P.ウッド編曲):コル・ニドライ(チェロと弦楽合奏のための)
M.Bruch(arr. by Paul Wood): Kol Nidrei (for Cello and String Orchestra)
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
W.A.Mozart:Concerto for Piano and Orchestra No.23 in A-Major, K.488

 

チケット情報

【チケット料金】S¥7,500 A¥6,500
【メンバーズ先行予約締切】2017年9月9日(土)(Webは前日18:00まで)
【一般発売】2017年10月1日(日) 電話・インターネット・モバイル 11:00~
※発売日は電話・Webのみ受付し、窓口販売はございません。
【チケット取扱】フィリアホールチケットセンター ☎045-982-9999(11:00~18:00)
【協賛】東急建設株式会社

オンラインチケット予約

 

 

プロフィール

田部京子(140x140)(c.)Akira Muto.jpg
(C)Akira Muto

田部京子(ピアノ) - Kyoko Tabe - Piano

 

東京芸術大学附属高校在学中、日本音楽コンクールに最年少で優勝。ベルリン芸術大学に学び、エピナール国際ピアノコンクール、シュナーベル・コンクールにて第1 位、ミュンヘン国際音楽コンクール(ARD)第3位、など受賞多数。バイエルン放送響、バンベルク響、モスクワ・フィルほか多数共演し、アルバン・ベルク四重奏団など世界のトップアーティストから共演者に指名され厚い信頼を寄せられている。カーネギーホール主催によりワイル・リサイタルホールでニューヨーク・デビュー。これまでに、村松賞(音楽部門大賞)、新日鉄音楽賞などを受賞。CDは30枚以上をリリース、その多くが国内外で特選盤に選出。スイスで放送された、演奏家名を伏せた世界の名盤「シューベルト・ソナタ第21番」聴き比べの番組では、評論家、リスナーによる投票で第1位を獲得した。また、カルミナ四重奏団との共演盤『ます&シューマン:ピアノ五重奏曲』がレコード・アカデミー賞を受賞するほか、『ブラームス:後期ピアノ作品集』、『モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調、第21番ハ長調』がレコード芸術誌<リーダーズ・チョイス2012>器楽部門第1位、協奏曲部門第2位に、『ベートーヴェン:ピアノソナタ第30、31、32 番』も特選盤および(レコード芸術誌)で読者選出第3位にランクインするなど、高い評価を得て注目を集めている。
これまでに『シューベルト・チクルス』、『シューマン・ブラス』、『BBワークス <ベートーヴェン&ブラームス>』のリサイタルシリーズ(浜離宮朝日ホール) が大成功を収めており、2016年11月からファン待望の新リサイタルシリーズ「シューベルト・プラス」がスタート、また同年9~10月に放送されたNHKドラマ「夏目漱石の妻」の挿入曲「シューベルト:ピアノソナタ第21番」の演奏でも話題を呼んだ。現在、日本を代表する実力派ピアニストとしてますます人気を集めている。

 

 

 

宮田大(140x140) (c)Shunji Kamemura.jpg

宮田大(チェロ) - Dai Miyata - Cello

 

栃木県宇都宮市出身。3歳よりチェロを始める。9歳より出場するコンクール、第74回日本音楽コンクールを含むすべてに第1位入賞を果たす。2009年、第9回ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールで日本人として初優勝。第6回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第20回出光音楽賞、第13回ホテルオークラ音楽賞など受賞。第35回江副育英会奨学生。ローム・ミュージックファンデーション奨学生。桐朋学園音楽部門特待生、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを首席で卒業。2009年にジュネーヴ音楽院卒業、2013年6月にクロンベルク・アカデミー修了。チェロを倉田澄子、フランス・ヘルメルソンの各氏に、室内楽を東京クヮルテット、原田禎夫、原田幸一郎、加藤知子、今井信子、リチャード・ヤング、ガボール・タカーチ=ナジの各氏に師事する。これまでに国内の主要オーケストラはもとより、パリ管弦楽団、フランクフルト・シンフォニエッタ、S.K.ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団などと共演している。小澤征爾、E.インバル、L.スワロフスキー、C.ポッペン、D.エッティンガーなどの指揮者や、L.ハレル、G.クレーメル、Y.バシュメット、M.ヴェンゲーロフ、A.デュメイ、日本を代表する多くの演奏家・指揮者と共演し、国内外の音楽祭やソロ活動を活発に行っている。マスメディアへの出演も多く、「小澤征爾さんと音楽で語った日~チェリスト・宮田大・25歳~」(芸術祭参加作品)、「カルテットという名の青春」「NHKワールド "Rising Artists Dai Miyata"」などのドキュンメントのほか、「クラシック倶楽部」「らららクラシック」「題名のない音楽会」などにも複数回出演している。CD 「Dai First」、「宮田大/チェロ一會集」SACD 「宮田大/チェロ一會集」DVD&ブルーレイ「小澤征爾指揮 水戸室内管弦楽団 2012 ~チェロ独奏 宮田 大~」使用楽器は、上野製薬株式会社より貸与された1698年製ストラディヴァリウス"シャモニー(Cholmondeley)"である。

 

 

 

毛利文香(140x140).jpg

毛利文香(ヴァイオリン) - Fumika Mohri-Violin

 

2012年、第8回ソウル国際音楽コンクールにて、日本人として初めて、最年少で優勝。2015年、第54回パガニーニ国際ヴァイオリンコンクールにて第2位、エリザベート王妃国際音楽コンクール2015にて第6位入賞。これまでに、川崎市アゼリア輝賞、横浜文化賞文化・芸術奨励賞、京都・青山音楽賞新人賞を受賞。ソリストとして、神奈川フィル、東京フィル、東京シティフィル、東京響、群馬響、大阪響、韓国響、ベルギー国立管、ブリュッセルフィル等、国内外のオーケストラと多数共演。また、宮崎国際音楽祭、武生国際音楽祭、NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」、イタリア・チェルヴォ音楽祭、クロンベルクアカデミー・フェスティバル等に出演。2016年3月には、紀尾井ホールにてデビュー・リサイタルを行った。ヴァイオリンを田尻かをり、水野佐知香、原田幸一郎の各氏に師事。桐朋学園大学音楽学部ソリストディプロマコース、及び洗足学園音楽大学アンサンブルアカデミー修了。現在、慶應義塾大学文学部在学中。2015年9月より、ドイツ・クロンベルクアカデミーに留学し、ミハエラ・マーティン氏に師事している。第45回江副記念財団奨学生。

 

 

▲▲▲
PAGE TOP