Fhilia Hall
アーティスト インタビュー

ラディスラフ・コズデルカ トランペット

2016年7月30日 14:00コンサートの詳細

 

輝かしくも深みある、欧州随一のトランペットの響き!

独自の伝統をもつ音楽大国、チェコ。これまで多くの名指揮者やアーティストが輩出されてきたこの国で、続々新しい才能が注目を浴びています。今回フィリアホールで来日公演を行うのは、日本でも数々の名演を残す欧州を代表する名門オーケストラ、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の首席トランペット奏者、ラディスラフ・コズデルカ。ハイドンやフンメルなどトランペットのための協奏曲から、ドヴォルザークの良く知られた曲など、トランペットの魅力を存分に堪能できる数少ない公演になるでしょう。期待のコンサートを前に、コズデルカ氏にメールでインタビューをお願いしました。

 

 

トランペットを始めたきっかけを教えてください。

 

私は幼少からピアノを弾いていました。私の父は音楽家で、私にピアノと作曲をして欲しかったようですが、私はピアノが苦手でした。それを察した父が、私が12歳の時にトランペットを好きかどうか聞いてきたので、私は好きだと即答しました。なぜなら父が指揮をするオーケストラのレコーディングをよく聴きに行き、その時に1番トランペットの音が好きだったからです。それからトランペットを吹き始めることになりました。

 

プロになろうと思ったきっかけは何でしょうか?

 

私の周りの人たちは音楽家ばかりで、両親も私が音楽家になるものだと思っていたので、他の職業を考えることがありませんでした。

 

名門チェコ・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者として、またソリストとして多くの一流アーティストと共演されています。特に印象に残っているアーティストについて、エピソードなどを教えてください。

 

特に印象に残っているのは、ロストロポーヴィチ(※)です。彼の指揮でショスタコーヴィチのピアノ協奏曲のトランペットのソロを演奏しました。彼は難しい音楽でも簡潔に仕上げる事ができ、私たちへの説明も卓越していました。
(※)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:アゼルバイジャン(旧ソビエト連邦)出身のチェリスト・指揮者。20世紀後半を代表する巨匠として名高い。

 

近年は日本でも来日公演をされています。日本の聴衆やホールの印象を教えてください。

 

日本の聴衆は、子供がクリスマスイブを心待ちにしている時と同じように、コンサートを楽しみにしてくださっているように感じます。そして日本のホールはどのアーティストも同じ考えだと思いますが、世界一素晴らしいホールが多い国だと思います。

 

トランペットという楽器の面白さ、醍醐味を簡単に教えてください。

 

私にとってトランペットは人生の先生のように感じます。私の良い面、悪い面を見せてくれる鏡のようです。演奏家そして人間としても成長させてくれます。

 

お休みの日はどのように過ごされていますか?

 

妻と生後10ヶ月の息子と過ごし、トランペットの練習もしています。

 

日本でも多くの奏者がトランペットを学んでいます。若いアーティストにメッセージをお願いします。

 

自分自身を信じ、自分の心の声を聞いてください。あなたの中にあなた自身の正しい先生がいるはずです。

 

これから取り組みたいプロジェクトなどがあれば教えてください。

 

プラハにあるニューヨーク大学とケンタッキー大学のアメリカの学生を指導することと、以前からあるチェコフィルハーモニックブラスアンサンブルを復活させ、日本で公演することができるようになりたいです。

 

 

▲▲▲
PAGE TOP