1. Home
  2. 公演カレンダー
  3. チェコ・フィル・ストリング・カルテット

2020年3月16日(月)

14:00開演/ 16:00終演予定

Monday 16 March 2020, 14:00-16:00

フィリアホール共催公演 

チェコ・フィル・ストリング・カルテット

Czech Philharmonic String Quartet

公演時間 Duration:
120分
休憩 Intermission:
あり(20分)
料金 Ticket Prices:
全席指定¥3,500 
book now

名門チェコ・フィルの名手たちが贈る、幸せいっぱいの午後のひととき

少々堅苦しいクラシック・コンサートの終わり近く、アンコールとして演奏される小品の美しいメロディーや軽快なリズムに、心も身体もいっぺんに解きほぐされて「はじめからこんな曲ばかり演奏してくれればいいのに・・・」と、思われた方も多いのではないでしょうか?そんな皆様にお薦めしたい、どなたもご存知の有名小品ばかりを揃えてお贈りする、幸せいっぱい“超名曲”コンサート!
どこかで聞いたあの曲この曲が何と20曲!!しかも演奏は、“弦の国”の伝統を支える名門オーケストラ、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の気鋭のコンサートマスターほか名手揃い。ツボを心得た名人たちの演奏で、不滅の名曲をご堪能いただける絶好の機会です。

料金Ticket Prices

全席指定¥3,500

ホールメンバーズ先行予約期間On sale dates: Members

2019年9月8日(日)11:00~9月11日(水)18:00 ※Web・FAX・郵送のみ受付

一般発売On sale dates: General

2019年10月6日(日)11:00 ※発売日は電話・Webのみ受付

チケット取扱Booking

フィリアホールチケットセンター Tel. 045-982-9999 (11:00~18:00)

主催

メロス・アーツ・マネジメント

共催

フィリアホール(横浜市青葉区民文化センター)

出演者Performers

チェコ・フィル・ストリング・カルテット
第1ヴァイオリン◎マグダレーナ・マシュラニョヴァー
第2ヴァイオリン◎ミラン・ヴァヴジーネク
ヴィオラ◎ヤン・シモン
チェロ◎ヨゼフ・シュパチェク

Czech Philharmonic String Quartet
Magdaléna Mašlaňová, Violin
Milan Vavřínek, Violin
Jan Šimon, Viola
Josef Špaček, Cello

プログラムProgramme

モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジークより第1楽章
J.S.バッハ:G線上のアリア
ヴィヴァルディ:「四季」より“春” 第1楽章
ゴセック:ガヴォット
ハイドン:セレナード
モーツァルト:トルコ行進曲
ベートーヴェン:エリーゼのために
チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ
ブラームス:ハンガリー舞曲 第5番
ハチャトゥリアン:剣の舞
J.シュトラウス2世:美しく青きドナウ
ビゼー:「アルルの女」より ファランドール
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
クライスラー:愛の喜び
ワルトトイフェル:スケーターズ・ワルツ
バダジェフスカ:乙女の祈り
ジョプリン:エンターテイナー
ビートルズ:ミッシェル
ロドリゲス:ラ・クンパルシータ
エリントン:A列車で行こう

プロフィールProfile

チェコ・フィル・ストリング・カルテット Czech Philharmonic String Quartet

1992年、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の主要な団員たちによって結成された。メンバー全員、様々な室内アンサンブルでも活躍している。結成以来、クラシック音楽のみならずポピュラー音楽の人気作品までレパートリーに取り込んでいるのが特徴で、演奏の場はコンサートホール、学校鑑賞会、ホテルのサロン、会議場など多岐に渡っており、クラシック音楽の普及に熱心に取り組んでいる。歴史ある名門オーケストラのメンバーが奏でる親しみやすい音楽とその優れた演奏は幅広い層に支持され、とりわけ若い世代がクラシックに関心を持つ機会を増やすことにも大きく貢献している。2007年初来日。2011年からは毎年のように来日を重ね各地で好評を博しており、2018年のツアーで早くも10回目の来日公演となる。

マグダレーナ・マシュラニョヴァー(第一ヴァイオリン) Magdaléna Mašlaňová, Violin

5歳でヴァイオリンを学び始める。プラハ音楽院とプラハ音楽アカデミーを卒業後、奨学金を得てウィーンで2年ならびに米カンザスシティーで2年学ぶ。ヴァイオリンと室内楽部門で多くの国際コンクールに入賞。ソリストとして多くのオーケストラと共演した。2012年よりチェコ・フィルの第2アシスタント・コンサートマスターを務めている。

ミラン・ヴァヴジーネク(第二ヴァイオリン) Milan Vavřínek, Violin

1977年プラハ生まれ。プラハ音楽院でソロ・室内楽を学んだ後、スイスのシオンにてフランコ・グッリに師事する。プラハ音楽院在学中の1996年にチェコ・フィルに第一ヴァイオリン奏者として入団。2003年にはNorbert弦楽四重奏団を創設し、また、チェコ・フィルハーモニー室内合奏団のメンバーとしてなど室内楽でも活躍している。

ヤン・シモン(ヴィオラ) Jan Šimon, Viola

1962年プラハ生まれ。プラハ音楽院でヴァイオリンを学び1983年卒業、その後1991年まで音楽アカデミーでヴィオラを学ぶ。その間プラハ交響楽団およびプラハ放送交響楽団のメンバーとして活躍し、1986年、チェコ・フィルに入団。チェコ・フィル八重奏団、チェコ・フィル六重奏団のメンバーとして、また古楽器アンサンブル、プロ・アルテ・アンティクア・プラハのリーダーとしても活躍している。

ヨゼフ・シュパチェク(チェロ) Josef Špaček, Cello

1962年チェコ生まれ。プラハ音楽院およびブルノのヤナーチェク音楽アカデミーを卒業後、室内楽奏者として音楽活動を開始、1990年にはワリンガー弦楽四重奏団のメンバーとしてエヴィアン国際室内楽コンクールで入賞を果たす。1990年チェコ・フィルに入団、現在まで同管弦楽団の首席代理を務めている。チェコ・フィル六重奏団、プロ・アルテ・アンティクア・プラハのメンバーとしても活躍している。

一覧に戻る
Top