1. Home
  2. 公演カレンダー
  3. 竹澤恭子 ヴァイオリン・リサイタル

(C)Manabu Matsunaga

2018年6月23日(土)

17:00開演/19:00終演予定

Saturday 23 June 2018, 17:00-19:00

土曜ソワレシリーズ《女神(ミューズ)との出逢い》  第273回

竹澤恭子
ヴァイオリン・リサイタル

KYOKO TAKEZAWA VIOLIN RECITAL

公演時間 Duration:
約120分
休憩 Intermission:
あり(20分)
料金 Ticket Prices:
S¥5,000  A¥4,000 
book now

デビュー30周年、開拓と挑戦の軌跡を巡る。

最前線で演奏活動を続ける"世界のKYOKO TAKEZAWA"。デビュー30周年の節目に贈るのは、信頼を寄せるピアニスト・児玉桃とこれまでの軌跡を振り返る名品プログラム。

料金Ticket Prices

S¥5,000 A¥4,000 

■学生券(一般発売日以降枚数限定)
¥2,000
■シリーズセット券
S¥17,000
〔5/26「河村尚子」、7/7「川久保賜紀&小菅優」、9/15「橋本杏奈」〕

ホールメンバーズ先行予約期間On sale dates: Members

2017年12月9日(土)(WEBは前日18:00まで)

一般発売On sale dates: General

2018年1月14日(日)11:00- (電話・Web・モバイル)
※発売日は電話・Webのみ受付し、窓口販売はございません。

チケット取扱Booking

フィリアホールチケットセンター  045-982-9999(11:00-18:00)

主催

フィリアホール(横浜市青葉区民文化センター)

協賛

東京急行電鉄株式会社

出演者Performers

竹澤恭子(ヴァイオリン)
Kyoko Takezawa, Violin
児玉桃(ピアノ)
Momo Kodama, Piano

プログラムProgramme

イザイ:悲劇的な詩(ポエム・エレジアーク)op.12
E. Ysaÿe: Poème élégiaque op.12
ブロッホ:ニーグン
E.Bloch: Nigun
ラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ ト長調
M.Ravel: Sonata for Violin and Piano in G Major
ファリャ=クライスラー:スペイン舞曲
M.de Falla=F.Kreisler: Danse espagnole No.1
クライスラー:愛の悲しみ
F.Kreisler: Liebesleid
ドヴォルザーク=クライスラー:スラヴ幻想曲
A.Dvorak=F.Kreisler: Slavonic Fantasy
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
C.Franck: Sonata for Violin and Piano in A Major

プロフィールProfile

竹澤 恭子(ヴァイオリン)

1986年インディアナポリス国際ヴァイオリン・コンクールで圧倒的な優勝を飾り、以来、国際的スターダムを昇り続けている。これまで、ニューヨーク・フィル、ボストン響、ロンドン響など世界の主要オーケストラと共演。2011年にはフィルハーモニア管のスペインツアー、2012年にはヘンゲルブロック指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団の日本公演でソリストを務めた。2014年には東京フィルハーモニー交響楽団100周年記念ワールドツアーのソリストを務め、パリ、ロンドンなどで高い評価を得ている。また、アスペン、ルツェルンといった世界的な音楽祭にも出演を重ね、メニューイン、ロン=ティボーなど国際コンクールの審査員も数多く務める。最近では水戸室内管弦楽団、セイジ・オザワ松本フェスティバルへ参加するなど、国内でも、協奏曲、室内楽、リサイタルと幅広く活躍。CDは、RCAレッド・シールより多数リリース。1993年第3回出光賞受賞。パリ在住。

児玉 桃(ピアノ)

幼少の頃よりヨーロッパで育ち、パリ国立音楽院に学ぶ。1991年、ミュンヘン国際コンクールに最年少で最高位に輝く。その後、ケント・ナガノ指揮ベルリン・フィル、小澤征爾指揮ボストン響、モントリオール響、ベルリン・ドイツ響など、世界のトップオーケストラと共演を重ねる。
2016年はノリントン指揮フランス放送フィル、フォスター指揮パリ室内管と共演したほか、トーンキュンストラー管のソリストとして、ウィーン楽友協会にデビュー。また、ベルリン・コンツェルトハウス、サントリーホール、東京文化会館では室内楽公演を行うなど、幅広く活躍。ECMよりリリースされた最新CD「鐘の谷~ラヴェル、武満、メシアン:ピアノ作品集」は、NYタイムズ、サンフランシスコ・クロニクル、ル・モンド、仏クラシカ・マガジン、テレラマほかで絶賛され、17年にはECM第2弾、「点と線・ドビュッシー&細川俊夫:練習曲集」をリリース、注目を集めている。芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。パリ在住。

一覧に戻る
Top