1. Home
  2. 公演カレンダー
  3. 『モーツァルト饗宴』

(C)アールアンフィニ

2020年1月11日(土)

15:00開演/ 17:00終演予定

Saturday 11 January 2020, 15:00-17:00

ニューイヤー・コンサート 

『モーツァルト饗宴』

Mozart Gala 2020

公演時間 Duration:
120分
休憩 Intermission:
あり(20分)
料金 Ticket Prices:
S¥7,500  A¥6,500 
book now book now

モーツァルトのピアノ協奏曲、1日で一挙3曲!

ショパンやベートーヴェンのピアノ作品を1日で全曲演奏!など、驚異的なプログラムをハイクオリティな演奏で実現。ますます話題を呼ぶ、日本を代表するピアニスト・横山幸雄。かつてフィリアホールでもオープン直後にベートーヴェンの協奏曲全曲演奏に取り組んだ彼が、今回のニューイヤーコンサートでは、N響メンバーを中心とする室内オーケストラとのオール・モーツァルト・プログラムを披露します。
磨き抜かれた美しい音色、端正さとダイナミックさを兼ね備えた自由自在な表現は、まさにモーツァルト作品にぴったり。しかもこのコンサートでは、1日で協奏曲をなんと3曲も聴けます!天才作曲家が若き日に手掛けた活気ある「ジュノム」、晩年の傑作と名高い23番&27番と、数あるモーツァルト作品の中でも最上位の傑作揃いです。
フィリアホールで、天才が生んだ傑作を聴きながら迎える新年を!

料金Ticket Prices

S¥7,500 A¥6,500

ホールメンバーズ先行予約期間On sale dates: Members

2019年9月8日(日)11:00~9月11日(水)18:00 ※Web・FAX・郵送のみ受付

一般発売On sale dates: General

2019年10月6日(日)11:00 ※発売日は電話・Webのみ受付

チケット取扱Booking

フィリアホールチケットセンター Tel. 045-982-9999 (11:00~18:00)

主催

フィリアホール(横浜市青葉区民文化センター)

協賛

東急建設株式会社

出演者Performers

ピアノ◎横山幸雄
管弦楽◎N響メンバーによる室内オーケストラ(コンサートマスター:山口裕之)

Yukio Yokoyama, Piano
Chamber Orchestra by members of NHK Symphony Orchestra
(Hiroyuki Yamaguchi, Concert Master)

プログラムProgramme

《オール・モーツァルト・プログラム》
モーツァルト:
ピアノ協奏曲第9番 変ホ長調K.271 「ジュノム」
ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488
ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調K.595

W.A.Mozart:
Piano Concerto No.9 in E-Flat Major, K.271 "Jeunehomme"
Piano Concerto No.23 in A Major, K.488
Piano Concerto No.27 in B-Flat Major, K.595

プロフィールProfile

(C)アールアンフィニ

横山 幸雄(ピアノ) Yukio Yokoyama, Piano

1990年ショパン国際ピアノ・コンクールにおいて歴代の日本人として最年少で入賞。文化庁芸術選奨文部大臣新人賞受賞。ポーランド政府よりショパンの作品に対して特に顕著な芸術活動を行った世界で 100名の芸術家に贈られる「ショパン・パスポート」を授与される。2010年、「ショパン・ピアノ独奏曲 全 166曲コンサート」を行い、ギネス世界記録に認定され、翌年「212曲」を演奏して記録を更新した。2015年、ラヴェル生誕140年を記念し、パリでラヴェルの全ピアノ独奏曲演奏会を開催。2018年にはトランス・シベリア音楽祭ではムストネン指揮ノヴォシビルスク交響楽団との共演、ライプツィヒにてゲヴァントハウス弦楽四重奏団の定期公演、パデレフスキ協会の招きによりポーランド国内でのリサイタル、10月には上海フィル定期公演への登場、2019年3月にはルイージ指揮デンマーク国立交響楽団との共演など海外での活躍も多い。リリースされた CDは、文化庁芸術祭レコード部門優秀賞、国際F.リスト賞レコードグランプリ最優秀賞等栄えある賞を受賞。「横山幸雄プレイエルによるショパン・ピアノ独奏曲全曲集」(全12タイトル/キングレコード)他、アールアンフィニ・レーベルより多数リリースし、レコード芸術誌では連続して特選盤となっている。また、最新CDは「横山幸雄/ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/他」(共演:下野竜也指揮/新日本フィル)、「横山幸雄/ドビュッシー:前奏曲第1集・第2集(全24曲)」「パデレフスキ名曲集」など。2020年ベートーヴェン生誕 250周年に向けてのシリーズ「ベートーヴェン・プラス」の開催や「4大ピアノ協奏曲」の一挙演奏といった意欲的な取り組みは注目を集め、高い評価を確立している。2019年5月3-5日には東京オペラシティコンサートホールにて、横山幸雄「入魂のショパン10周年」を記念し、ショパンが生涯で作曲した240曲の作品(独奏曲、協奏曲、声楽曲、室内楽曲)をすべて演奏するという前人未踏のプロジェクトを開催。東京と京都にレストランをオープンし音楽と旬の食をプロデュースするなど、活躍は多岐にわたる。エリザベト音楽大学客員教授、名古屋芸術大学特別客員教授、パデレフスキ協会会長。

一覧に戻る
Top