1. Home
  2. 公演カレンダー
  3. 【延期→中止】プラハ・チェロ・カルテット

2020年11月24日(火)

14:00開演/ 16:00終演予定

Tuesday 24 November 2020, 14:00-16:00

フィリアホール共催コンサート 

【延期公演中止】プラハ・チェロ・カルテット
“be HAPPY”

Prague Cello Quartet “be HAPPY”

公演時間 Duration:
約120分
休憩 Intermission:
あり(20分)
料金 Ticket Prices:
全席指定¥4,000 
book now

チェロの魅力満載!4人の凄腕が魅せる、切なく可笑しくスリリングな超絶パフォーマンス!

【重要:開催中止のお知らせ(9/10更新)】
当公演は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、当初予定されていた2020年6月30日(火)から11月24日(火)に延期開催を予定しておりましたが、引き続き新型コロナウイルス感染症拡大に伴う日本政府の入国制限措置により出演者の来日が困難な状況となったため、主催者と協議の結果、やむを得ず開催の中止を決定いたしました。

つきましては、すでにご購入されたチケットをお持ちのお客様についても、料金をすべて払戻しさせていただきます。
チケット料金払戻しについては、フィリアホールよりご購入のお客様へ、郵送にてご案内を行います。
手続等の詳細は、追って到着する案内書類をご覧ください。
======================================
・書類送付時期:9月中に送付予定
・払戻申込期限:調整中(追ってご案内いたします)
・入金予定日 :調整中(追ってご案内いたします)
======================================
払戻手続きに必要なため、チケットは破棄せず、手続きまで大切に保管していただきますようお願いいたします。

なお、次年度の来日公演については、現時点では開催可否を含めすべて未定です。
公演を楽しみにされていたお客様にはご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんが、事情をご賢察の上、何卒ご理解、ご了承賜りますようお願い申し上げます。

---

動画「オペラ座の怪人」を演奏するYouTube動画は再生数1,700万回を突破!
音楽の都・プラハで学んだ4人の凄腕たちによるユニークなチェロ四重奏団が、4度目の来日にして、フィリアホールに初登場を果たします。
4人のメンバーは各人が国内外の音楽祭や演奏旅行で経験を積み、10を超えるコンクール受賞歴を所持。各人が好きな曲を持ち寄り自ら編曲するスタイルで、耳なじみのあるクラシックの定番曲から、ジャズ、ポップス、映画音楽に至るまで「何でもあり」!のレパートリーを誇ります。
チェコ・フィルの本拠地ルドルフィヌム等「普通の」コンサート会場はもちろん、街中でもライブ演奏を披露し、その多彩なプログラムとダイナミックな演奏・サービス精神あふれるパフォーマンスで、世界各地からの出演オファーも殺到する彼ら。2014年にルドルフィルム内ドヴォルザーク・ホールで録音したデビューCD「トップ・シークレット」も話題を呼び、2016・18・19年の来日時も大喝采を浴びた彼らのエキサイティングなパフォーマンスに、ぜひご期待ください。

料金Ticket Prices

全席指定¥4,000

一般発売On sale dates: General

【中止が決定したため、チケット販売を停止いたします】
チケット料金払戻しについては、フィリアホールよりご購入のお客様へ、郵送にてご案内を行います。
手続等の詳細は、追って到着する案内書類をご覧ください。

チケット取扱Booking

フィリアホールチケットセンター Tel. 045-982-9999 (11:00~18:00)

主催

メロス・アーツ・マネジメント

共催

フィリアホール(横浜市青葉区民文化センター)

出演者Performers

プラハ・チェロ・カルテット
チェロ◎ペトル・シュパチェク、ヤン・ズヴェジナ、ヤン・ゼーメン、イワン・ヴォカーチ

Prague Cello Quartet:
Petr Špaček, cello
Jan Zvěřina, cello
Jan Zemen, cello
Ivan Vokáč, cello

プログラムProgramme

プロコフィエフ:「3つのオレンジへの恋」より行進曲
ドビュッシー:月の光
J.S.バッハ:G線上のアリア
リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行
スメタナ:モルダウ
ドヴォルザーク:ユモレスク
ピアソラ:ブエノスアイレスの春/天使の復活/リベルタンゴ ★
ヤロスラフ・イェジェク:地上の天国
---
「オペラ座の怪人」序曲
「ミッション・インポッシブル」のテーマ
ミザルー ~「パルプ・フィクション」
レット・イット・ゴー ~「アナと雪の女王」
踊り明かそう ~「マイ・フェア・レディ」
エド・シーラン:シンキング・アウト・ラウド
ビートルズ:イエスタデイ
クイーン:ボヘミアン・ラプソディ
フォーリング・スローリー ~「ONCE ダブリンの街角で」
ボビー・マクファーリン:ドント・ウォーリー、ビー・ハッピー
パット・バラード:ミスター・サンドマン
モンティ:チャールダーシュ

★…ピアノ演奏あり

プロフィールProfile

プラハ・チェロ・カルテット Prague Cello Quartet

音楽の都プラハで学んだ4人の凄腕たちによるユニークなチェロ四重奏団。メンバー各人が国内外の音楽祭や演奏旅行で経験を積み、10を超える多くのコンクールの受賞歴を持つ。4人が好きな曲を持ち寄り自ら編曲するスタイルにより、クラシックの定番曲からジャズ、ポップス、映画音楽に至るまで何でもありのレパートリーを誇っている。伝統ある国立劇場やチェコ・フィルの本拠地ルドルフィヌム等の普通のコンサート会場はもとより、広場、路上、橋の上など、場所を選ばず果敢にライブ演奏を敢行、多彩なプログラムとユーモアに満ちた個性的な4人のダイナミックな演奏とサービス精神溢れるパフォーマンスで、文字通り子供から大人まで多くの聴衆の喝さいを浴び、世界各地からの出演オファーが殺到している。多くのオーケストラとの共演、放送出演、音楽祭や演奏旅行と多忙な日々を送りながらも権威あるドヴォルザークホールでCD録音、2014年デビューCD「トップ・シークレット」リリース。2016年初来日。2017年には全20公演にわたる中国ツアーを成功させる。2018年再来日公演でも会場を大いに沸かせた。2019年10月、早くも3度目となる来日公演を行う。現在乗りに乗っている気鋭のチェロ・カルテットである。

ペトル・シュパチェク(チェロ) Petr Špaček, cello

1988年生まれ。プラハおよびボストンの権威あるニューイングランド音楽院で学ぶ。プラハ放送国際コンクール入賞。これまでソリストとして、プラハ交響楽団、プラハ放送交響楽団等々のチェコ国内の主要オーケストラと共演した。これまでヨーロッパ、北米。アジアの各地で演奏している。

ヤン・ズヴェジナ(チェロ) Jan Zvěřina, Cello

1987年生まれ。プラハ音楽院卒業。多くの国際コンクールで上位入賞を果たす。ドレシャル弦楽四重奏団のメンバーとしても活躍。ソリストおよび室内楽奏者としてイタリア、ドイツ、オーストリア、ポーランド、ウクライナ、リトアニア、ベルギー等々のヨーロッパ各地で演奏した。

ヤン・ゼーメン(チェロ) Jan Zemen, cello

1985年生まれ。プラハ舞台芸術アカデミーならびにルツェルン音楽大学で学ぶ。権威あるチェコの音楽院コンクールで優勝。ソリストとしてチェコ国内各地のオーケストラと共演。プラハ舞台芸術アカデミー在学中からパルドゥビツェ音楽院にて著名教師として後進の指導にあたっている。

イワン・ヴォカーチ(チェロ) Ivan Vokáč, cello

1987年生まれ。プラハ舞台芸術アカデミーで学ぶ。2011年プラハ音楽院ドヴォルザーク協奏曲コンクールで優勝し、音楽院創立200年記念開幕コンサートでソリストを務め、その模様はチェコ国営放送でオンエアされた。2014年からはチェコ・フィルの団員としても活躍している。

一覧に戻る
Top