1. Home
  2. 公演カレンダー
  3. 【延期】キアロスクーロ・カルテット

©Eva Vermandel

2022年2月19日(土)

17:00開演/ 19:00終演予定

Saturday 19 February 2022, 17:00-19:00

土曜ソワレシリーズ《女神との出逢い》  第295回

【振替開催】キアロスクーロ・カルテット

Chiaroscuro Quartet

公演時間 Duration:
約120分
休憩 Intermission:
あり(20-25分予定)
料金 Ticket Prices:
S¥5,500  A¥4,500 
book now

鮮やかに閃く光と翳、21世紀にあるべき古典の姿。

【重要:開催延期のお知らせ】(2/12更新)
2021年4月3日(土)に開催を予定しておりました標記公演は、日本政府の新型コロナウィルス感染症対策に基づく防疫措置(14日間の待機等)により出演メンバーの来日が困難となり、招聘元と協議の結果、2021年4月3日(土)から2022年2月19日(土)17:00開演に開催の延期を決定いたしました。なお、振替公演では出演者は変更ございませんが、プログラムは変更が生じる可能性があり、決定次第発表いたします。また、チケット発売日についても今後改めて決定次第、発表いたします。
お客様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

---

今海外で最も注目を集める弦楽四重奏団が、フィリアホール初登場!
イタリア語で「明-暗(キアロスクーロ)」の名を冠したこのクァルテット。ソロでも注目を集める新世代ヴァイオリニスト、アリーナ・イブラギモヴァをはじめとするすぐれた奏者たちが繰り広げる演奏の大きな特徴は、バロック等同時代の奏法を学んだメンバーによる、ガット弦でノン・ヴィブラートを駆使した独自の音色と表現、そして立奏も採用した21世紀のスタイルならではの、解像度の高い、まさに「明暗」くっきりとした鮮烈な表現です。
近年ヨーロッパでの高い評価はとどまるところを知らず、ここ最近の出演でもウィグモア・ホールやコンセルトヘボウへの登場、エディンバラ、オールドバラ音楽祭などへの出演、ボンのベートーヴェン・ハウスでのベートーヴェンの弦楽四重奏曲演奏、そして名手との共演ではクリストフ・コワンやクリスティアン・ベザイデンホウト、ロナルド・ブラウティハムといった今話題の巨匠とのプロジェクトなど、注目の出演が目白押しの彼ら。まさに室内楽の世界最先端を青葉台で聴くチャンス、ぜひお見逃しなく!!

フィリアホールでは新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の一環として、当面開催するホール主催・共催事業について、下記の対応を行います。
詳細は下記リンク先(PDF形式)をご覧ください。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、感染拡大防止のため、何卒ご協力・ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

こちらをクリック→【開催公演の当日対応について】

料金Ticket Prices

S¥5,500 A¥4,500

学生¥2,000

一般発売On sale dates: General

新型コロナウイルス感染再拡大の影響によって公演が延期となったため、チケット発売を当面延期いたします。今後のチケット発売スケジュールについては、決定次第、お知らせいたします。お客様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解・ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

---

■曲目・出演者・料金・発売日等やむを得ず変更させていただく場合があります。 
■青葉台東急スクエアの駐車券のサービスはございません。 
■車椅子席をご希望の方は、チケット申込の際お知らせください。
■チケット定価に含まれない諸手数料等は、公演の中止・延期等におけるチケット
 料金の払戻しの対象にはなりません。何卒ご了承ください。

チケット取扱Booking

フィリアホールチケットセンター Tel.045-982-9999
(営業時間11:00~18:00 第3水曜日休館)

主催

フィリアホール(横浜市青葉区民文化センター)

協賛

東急株式会社

出演者Performers

キアロスクーロ・カルテット
Chiaroscuro Quartet

ヴァイオリン◎アリーナ・イブラギモヴァ
Alina Ibragimova, Violin
ヴァイオリン◎パブロ・エルナン・ベネディ
Pablo Hernan Benedi, Violin
ヴィオラ◎エミリエ・ヘーンルント
Emilie Hörnlund, Viola
チェロ◎クレール・ティリオン
Claire Thirion, Cello

プログラムProgramme

ハイドン:弦楽四重奏曲 ハ長調 Op.76-3/ Hob.III:77「皇帝」
J.Haydn: String Quartet in C Major, Op.76-3, Hob.III:77 , “Emperor”
ハイドン:弦楽四重奏曲 ヘ短調 Op.20-5/Hob.III:35
J.Haydn: String Quartet in f minor, Op.20-5, Hob.III:35
シューベルト:弦楽四重奏曲 第13番 イ短調D 804「ロザムンデ」
F.Schubert: String Quartet No.13 in a minor, D804, “Rosamunde”

※上記は当初公演の予定プログラムです。開催延期にあたり、変更が生じる可能性がございますので何卒ご了承ください。(2/12)

プロフィールProfile

©Eva Vermandel

キアロスクーロ・カルテット Chiaroscuro Quartet

 ヒストリカルで新鮮なアプローチをガット弦で演奏するキアロスクーロ・カルテットは2005年に結成。そのしなやかで優雅でダイナミックな演奏は、並外れたユニークな音色だけでなくアンサンブルに知性ある姿を兼ね備え、ヨーロッパの聴衆から高い評価を受けている。
 近年の主な活動は、エディンバラ国際音楽祭のデビュー、2013年ブレーメン音楽祭を共催しているドイツのラジオ放送局の激励賞を受賞。2015年6月ウィーン・コンツェルトハウスのデビュー、この他ロンドンのウィグモア・ホール、ヨーク古楽センター、パリのルーヴル・オーディトリウム、エクサン=プロヴァンスのジュ・ドゥ・ポーム劇場、リスボンのグルベンキアン財団、オールドバラ音楽祭等で演奏。また2016年、初めての日本ツアーで東京、神奈川、兵庫で演奏会を行い、さらに2016年/2017年シーズンでは、アムステルダム・コンセルトヘボウ、ウィグモア・ホール、ウェスト・コーク音楽祭等に招待され、2017年/2018年シーズンでは、イギリスのエディンバラ音楽祭、スネイプ(サーフォーク州)、ロンドン、ヨークで、またケルン、ザルツブルク、リスボン、スイス・グシュタードのメニューイン音楽祭で演奏。2019/20シーズンでは、ロンドンのウィグモア・ホールとキングス・プレイス、ベルリンのブーレーズ・ザールのデビュー、ボンのベートーヴェン・ハウスでのベートーヴェンの弦楽四重奏曲の演奏の他、ルクセンブルク、リスボン、ワルシャワ等ヨーロッパ中の会場や音楽祭で演奏。
 2016年、スウェーデンのBISレーベルと録音契約を結び、ハイドン弦楽四重奏曲作品20/1-3をリリース、続いて2017年ハイドン弦楽四重奏曲作品20/4-6をリリースして「太陽四重奏曲」を完結する。2018年シューベルト弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」をリリース。最新の録音は、2020年ハイドンの弦楽四重奏曲作品76をリリース、今後ベートーヴェン弦楽四重奏曲集作品18を録音する予定。
 フランスのクラリネット奏者ニコラス・バルデル、チェロのクリストフ・コワンと頻繁に共演。2015年/2016年シーズンには、鍵盤奏者クリスティアン・ベザイデンホウトとのプロジェクトが行われ、2017年/2018年シーズンには、ロナルド・ブラウティハムと、バース、ブレーメン、ユトレヒト、アムステルダムで演奏。2009年からポール・ロワイヤル修道院のレジデントとしてモーツァルト弦楽四重奏曲のチクルスを行っている。

一覧に戻る
Top