Fhilia Hall
土曜ソワレシリーズ 第271回

朴葵姫(パク・キュヒ)
ギター・リサイタル

【日時】2018年3月17日(土)17:00開演       

ギター1本から引き出される、驚くべき豊かさ。

 

朴葵姫(200x200)(c)Toshiya Suda.jpg
(C)Toshiya Suda

鋭敏な感性と類まれなテクニック、ずば抜けた表現力でとりわけ注目を集める才媛ギタリストが2回目の登場。作品と真摯に向き合い、傑作の真の魅力を余さず引き出す!

 

プログラム

タレガ:アルハンブラの思い出
F.Tarrega: Recueldos de la Alhambra
R.ディアンス:リブラ・ソナチネより
R.Dyens:from "Libera Sonatine"
R.ディアンス:ヴァルス・アン・スカイ
R.Dyens: Valse en skai

 

チケット情報

【料金】S¥4,000 A¥3,000 【学生券(一般発売日以降枚数限定)¥2,000】
シリーズセット券S¥17,000〔10/14「萩原麻未」11/25「吉野直子&バボラーク」2/10「小山実稚恵」

【ホールメンバーズ先行予約締切】2017年6月10日(土)(WEBは前日18:00まで)
【一般発売】2017年7月2日(日)11:00~ (電話・インターネット・モバイル)
※発売日は電話・Webのみ受付し、窓口販売はございません。
【チケット取扱】フィリアホールチケットセンター ☎045-982-9999(11:00~18:00)

【主催】青葉区民文化センター フィリアホール
【協賛】東京急行電鉄株式会社

オンラインチケット予約

 

 

プロフィール

朴葵姫(140x140)(c)Toshiya Suda.jpg
(C)Toshiya Suda

朴 葵姫(パク・キュヒ)(ギター) - Kyuhee Park - Guitar

 

1985年韓国仁川生まれ。3歳の時、横浜にてギターを始め、幼少の頃から数々のギターコンクールで入賞。2004年東京音楽大学に入学、05年同年小澤征爾指揮によるオペラ公演に参加。06年9月よりオーストリア・ウィーン国立音楽大学に留学。2014年首席で卒業。2016年アリカンテクラシックギターマスターコースを首席で卒業。これまでに、荘村清志、福田進一、アルヴァロ・ピエッリの各氏に師事。05年韓国ギター音楽コンクール優勝、07年ドイツ・ハインツベルグ国際ギターコンクール第1位及び聴衆賞、08年ドイツ・コブレンツ国際ギターコンクール第2位(1位該当者なし)、ベルギー“ギターの春 2008”コンクール第1位(コンクール史上アジア人及び女性として初めて)、リヒテンシュタイン国際ギター・コンクール第1位、09年イタリア・アレッサンドリア国際ギターコンクール第2位及び特別賞(ヤングアーティスト賞)、スペイン・ルイス・ミラン 国際ギターコンクール第1位、10年バリオス国際ギターコンクール第1位、12年アルハンブラ国際ギターコンクール第1位及び聴衆賞、14年ポーランドのJan Edmund Jurkowski記念ギターコンクール2014優勝など主要ギター・コンクールでの優勝・受賞が続く。12年カーネギーホール(ワイルホール)での米国デビューを果たし、国内外のギターフェスティバルへ招かれるなど世界的にも注目を集める。東京都交響楽団、読売日本交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、名古屋フィルハーモニ―交響楽団、京都市交響楽団、広島交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、との共演を経て、2016年度にはNHK交響楽団と共演。NHK「クラシック倶楽部」(BSプレミアム)及びFMでリサイタルが放送されるなど、ギター界の次代を担う新星として注目と期待を集めている。現在、ヨーロッパ、日本、韓国などで演奏活動を行っており、会場中を惹きつける音楽性と、とりわけ美しいトレモロ奏法の技術の高さは各地で絶賛されている。録音は、10年「Sueno スエーニョ?夢」12年「Sonata Noir」(共にフォンテック)、12年「スペインの旅」、13年「最後のトレモロ」14年9月「サウダーヂ-ブラジルギター作品集-」(日本コロムビア)をリリース。いずれもクラシックギター界異例のヒットとなり、レコード芸術特選盤となっている。15年5月20日新譜「FAVORITE SELECTION」をリリース。

 

 

 

 

▲▲▲
PAGE TOP